健康体で日々を過ごすための基本

いつも健康体で日々を過ごすためには、栄養バランスを考えた食事と適度な運動、質の良い睡眠が必要です。
食事で重要なのは栄養バランスと量です。
毎日摂取している栄養は把握しておくことが大切になります。
栄養が足りないと体に悪影響を及ぼし、病気の原因にもなってしまいます。
仕事が忙しくて外食が続く場合は、サプリメントなどを活用して栄養が不足しないように気をつけます。
人間の体は筋肉や骨、脂肪などで構成され全て栄養素が関係しています。
食事などで摂取した栄養素は消化吸収され代謝が行われます。
人間は栄養により生命を維持し、成長するために必要になる成分を作ります。
栄養素は体のエネルギーとなり筋肉や骨、血液などからだの組織をつくります。
栄養素のおかげで、人間は体の調子を整えることができます。
生活のエネルギー減になるのがタンパク質や糖質、脂質になります。
タンパク質や糖質、脂質は3大栄養素と呼ばれています。
ビタミンやミネラルを加えたものが5大栄養素になります。
3大栄養素は主に体内でエネルギーや体の組織をつくり、ビタミンやミネラルは体の調子を整えます。
糖質は脳や体を動かすエネルギー源です。
糖質が足りなくなると脳にも影響が出ます。
エネルギーが足りないと、そのエネルギーを補うために体の脂肪や筋肉が分解されます。
糖質を過剰に摂取すると余ってしまい脂肪になります。
糖質をエネルギーに変えるためにはビタミンB1が必要です。
ビタミンB1を多く含む食品と糖質を上手に組み合わせて食べると、代謝が高まります。
タンパク質は筋肉や内臓、爪などを構成する重要な成分です。
ホルモンや免疫細胞、酵素をつくる役割もあります。
タンパク質胃は体の中でアミノ酸になります。
脂質は正常なホルモンの働きをサポートします。
肌や髪を美しく保つには一定の脂質が必要ですが、脂質の摂取量が多すぎると肥満に原因になります。
ビタミンとミネラルを不足しないように摂取することで、体の機能を正常に維持することができます。