ダイエットで安全に痩せる方法

ダイエットでリバウンドを起こさないように安全に痩せるには、途中でやめることがないように継続できる方法で行い、筋肉の量も落とさないことが重要です。無理な食事制限をするダイエット方法がありますが、摂取する栄養が減るので一時的に減量はできますが、体が飢餓状態になってエネルギーの消費を抑える、停滞期と呼ばれる状態になります。このときに体重の変化がなくなるので挫折するケースが多いですが、栄養の吸収効率が上昇しているので食事を戻すとリバウンドします。また、筋肉の元になるタンパク質の摂取量が減ると筋肉を合成できず、エネルギーが不足すると分解されるので基礎代謝が低下することも問題です。エネルギーを多く消費するものがなくなるので単にリバウンドするだけでなく、そこから戻そうとしても痩せにくくなります。満腹感も感じにくくなっており、食べ過ぎで太ったり、必要な栄養が不足することで体調を崩す、肌が荒れるなど様々な問題があるため、食事制限によるダイエットは適切な方法ではありません。
これを避けるためには、まずダイエットではストレスになる無理な食事制限は行わず、バランスの良い栄養の摂取を心掛けるのが良いでしょう。筋肉を付けるには運動するのが効果的ですが、こちらも最初から無理な強度で行う必要はありません。日頃運動をしていない場合には体力的にきついと感じるので、継続できなくなる恐れがあります。怪我をする危険性もあるので、最初は負荷の少ないウォーキングなどから始めていき、慣れてきたら強度を高めていきます。女性の場合は運動して筋肉が付くと見栄えが悪くなるのではないかと気にすることがありますが、ダイエットが目的であればこの心配はありません。高い強度の運動をして十分なタンパク質を摂取し、筋肉の成育を考えた休息を組み合わせなければボディビルダーのような体型にはならないです。適度に行っていれば体が引き締まるので、痩せるだけでなく見栄えも良くできます。