しっかり食べるダイエットで痩せる

ダイエットというと食事制限をするイメージがありましたが、最近ではしっかり食べて痩せるダイエットが注目されています。なぜかというと、食事を抜いて痩せようとすると、体重は減っても脂肪ではなく筋肉量が減ってしまうことが多いからです。筋肉はエネルギーを消費してくれるので、筋肉量が落ちるということはそれだけ痩せにくくなるということに他なりません。つまり、痩せているように見えて、実は太りやすい体になってしまうのです。
また、食事制限が厳しいダイエットは、リバウンドしやすいというデメリットもあります。食事を我慢するとイライラすることも多く、ダイエットに成功したらその反動で余計に食べてしまうからです。人によっては途中で挫折して、ドカ食いしてしまうこともあります。
そのためしっかり食べて痩せるという方法が、広く知られるようになってきました。といっても、何でも思いっきり食べていいかというと決してそうではありません。栄養バランスの整った食事をすることが、きちんと痩せるためには必要なのです。特に気を付けたいのはご飯や麺類、パンといった炭水化物です。糖質は三大栄養素の一つで人間の身体にはなくてはならない栄養素ですが、大抵の人は糖質を摂り過ぎています。糖質は主食だけではなくスイーツ等にも含まれていますし、調味料などにも含まれます。知らず知らずのうちに過剰に摂取しているので、その量を減らすことがダイエットには大切です。
それからタンパク質も摂取する必要があります。タンパク質は筋肉の元になる栄養素です。筋肉が落ちると代謝が悪くなり、太りやすく痩せにくい体質になってしまいます。良質なタンパク質を摂取して、適度な運動もすることが筋肉を維持することに繋がります。人の体は年齢と共に筋肉量が減ってしまうので、できるだけ筋肉をアップさせるように取り組みましょう。その他にもビタミンやミネラルなどもバランス良く摂取することが重要です。