エンダモロジーがリハビリで活用されている理由

交通事故などが原因で皮膚がダメージを負ってしまい、皮膚の一部にへこみが残ってしまった事がきっかけで、フランス人エンジニアの手によって生み出されたエンダモロジーです。リハビリの最中に感じる痛みが我慢できなくて、リハビリを断念しようかと迷っている方々も活用しており、施術者の負担を軽減できるテクノロジーとして注目されています。1970年代に開発されてから現代になっても活用されている技術で、最初は傷跡の治療を目的に使われていましたが、現在では脂肪による表皮の凹凸を改善するためにも利用されている技術です。

人間のお尻や太もものあたりに発生してしまう、セルライトという脂肪の塊は簡単に取り除けるものではなく、ダイエットを続けていても最後まで残り続ける事もあります。そのセルライトを取り除くためにエンダモロジーが活用される事も多く、電動アームによる強力なもみほぐし効果などを活用する事によって、セルライトを減らす効果が期待できると言われており、ダイエットが上手くいかないと悩んでいる方々にも最適です。強い力でもみほぐす効果が期待できる技術ではありますが、痛みを感じる事もなく心地良さを堪能しながら痩身効果を実感できる点が評価されています。

ダイエット効果だけでなくアンチエイジング効果を期待できるのも、エンダモロジーが口コミで注目されている理由で、月に一度の施術でも効果を実感できると好評です。肌が美しい状態を保つためにも定期的に施術を受けるのが理想的だと言われており、短時間で血液やリンパ液の流れを改善したい時にも活用できます。どのエステティックメニューを選べばいいのか分からず、ハンドメニューばかりを活用している方々にもおすすめです。

電動アームが肌をしっかりと持ち上げてくれるために、皮膚組織の深い部分にまで刺激を届ける事ができて、広範囲にわたって皮膚を吸い上げる事ができる点でもエンダモロジーは愛されています。